当社のFRP製品

インフュージョン成形法(フィルムバック・シリコンバック)

インフュージョン成形とは、FRP型の下型とフィルムまたはシリコンを使い気密性を保ち、
真空によって樹脂を含浸させるクローズドモールド成形法です。
軽設備・簡易型で高強度・軽量化が実現できる成形法です。

構成

▲このページのTOPへ戻る

製造工程



フィルムバック

シリコンバック

▲このページのTOPへ戻る

特長

  • CFRP

    ・低コスト化
    ・大型成形が可能
    ・難燃化が可能
    ・ゲルコート設定が可能(塗装性・耐候性・耐水性の向上)
    ・オートクレープ品とほぼ同等の強度が得られる

  • GFRP

    ・成形品の安定性を得られる
    ・大型成形が可能
    ・難燃化が可能
    ・大型製品の低コスト化
    ・ゲルコート設定が可能(塗装性・耐候性・耐水性の向上)
    ・ハンドレイアップ成形に比べ、強度UP・軽量化が計れる

▲このページのTOPへ戻る

製品実績

インフュージョン成形法で製造された当社のFRP製品は、以下の様な産業界で活用されています。



 

▲このページのTOPへ戻る

tel:0270-61-7911

メールでのお問い合わせはこちら

当社の特殊技術

Copyright c 2019 SCT CO., LTD. All Rights Reserved.